Raspberry PiをICT教育に使うならどうする?! シーン編

Raspberry PiをICT教育に使うならどうする?! シーン編でんとタッチ発売が待ち遠しくてしかたないので、Raspberry Piのことばかり考えている@jikugaです。
ICT教育はここから!35ドルコンピューター Raspberry Pi まもなく発売!?
Raspberry PiをICT教育に使うならどうする?! ソフトを探す編

今日は、どういうシーンでRaspberry Piを使うかを少し想像してみました。

学校で使うRaspberry Pi

ただし、キーボード・マウス、モニタを別途用意しないといけないので、使用する場所や頻度はある程度限られるのかも。

  • 情報
    • コンピューターの基礎(ハードウェアの構成、ソフトウェアの働き)学習
    • イラスト、映像などの作品制作
  • 理科
    • USB接続での外部装置による測定やデータ収集
  • 音楽
    • サンプリング、楽曲制作、アレンジ
  • 教科を問わない用途
    • 調べ学習用端末
    • 個人用データ保存機器
    • プレゼンテーション

    家で使うRaspberry Pi

  • 学校で制作・使用したコンテンツ等を家族に見せる
  • 個人用パソコンとして
  • 課題制作用
  • Raspberry Piを使った「学ぶ」への興味付け

    Raspberry Piが身近なコンピューターの1つとなり、コンピューターや「情報」分野への興味が高まるのは必然だと思います。
    ただ、欲をいえばこの身近なコンピューターをきっかけとして「学ぶ」きっかけを増やすような使い方を考えていきたいですね。

    コンピューターだからできること。
    コンピューターだから容易に・早くできること。

    と同じように、

    コンピューターではないからできること。
    コンピューターではないから見聞き・感じることができること。

    があるはずです。
    それぞれのいいところを活かして学ぶことができるコンピューターであってほしいですね。

    今日のでんとタッチ

    冠婚葬祭の受付で書く自分の名前をシールで貼りたいと思ってしまうのは、コンピュータ漬けなんだろうな。

    以上@jikugaでした!!