ARROWS Tab LTE F-01Dのテザリング機能と設定で困った件

ARROWS Tab LTE F-01Dのテザリング機能と設定で困った件でんとタッチテザリングをするためだけにタブレットを持ち歩くのはかさばるとは思いつつ、
これまでのPocketWi-Fiに比べるととても快適なモバイルインターネット環境になりました。

  • メリット
    • バッテリの持ちが良い。(およそ1日半)
    • タブレット本来の使い方も同時にできる。ので、モバイル用パソコンの出番が減った。

    良いこともありますが、悪いこともあります。。

  • デメリット
    • 荷物がかさばり重くなる。

    これだけなら我慢できたのですが、私には致命的なデメリットがありました。


    テザリング環境下の端末同士で通信ができない!

    一般的には「プライバシーセパレータ機能」「隔離機能」と呼ばれるもので、暗号方式の違いや共有Wi-Fiスポット使用時のセキュリティ向上のための機能です。

    無線パソコン同士の通信を禁止する(プライバシーセパレーター)

    これに限らずDHCP等の一般的なネットワーク設定を行うことができないのです。
    このため、無線LAN接続端末同士のファイル共有やVNCによる遠隔操作などを行うことができません。

    私がモバイルルーターを利用する1つの目的に、Ustreamでの動画配信があります。
    この際、カメラを接続した母艦となるMacbookAirをiPhoneから遠隔操作しながら撮影を行います。

    F-01Dのテザリング機能だとこれができない。

    やはり餅は餅屋。
    細かくネットワーク設定を行いXiを活用するにはモバイルルーターが必要なのかもしれません。

    BF-01D | 製品 | NTTドコモ

    今日のでんとタッチ

    いろいろ工夫をしたらタブレットのテザリング機能設定もできるのかもしれないなぁ。

    以上@jikugaでした!!