日本での発売はまだまだ先?! 今週のRaspberry Pi ニュース

日本での発売はまだまだ先?! 今週のRaspberry Pi ニュースでんとタッチ
発表からドキドキワクワクしっぱなしのRaspberry Piですが、
今週は残念なニュースがありました。。

うっかり?!CEマーク取得のため発売延期

カードサイズPC ” Raspberry Pi “また延期、今度はCEマーク取得のため – Engadget Japanese

ということで、CEマークを取得しないとEU圏内で販売ができないそうです。

今使っているパソコンやスマートフォンにもCEマークが付いていたりしますが、いったいこれはどういうものなんでしょうか。

CEマーキングは、基本的に欧州連合(EU)地域に販売(上市)される指定の製品に貼付を義務付けられる基準適合マークのことで、「EU(EC)指令」の必須安全要求事項(ESRs:Essential Safety Requirements)に適合したことを示します。「CE」はフランス語の”Conformite Europeenne”(=英語:European Conformity)の略です。該当製品の製造業者(輸入者)または第三者認証機関が所定の適合性評価を行い、製品、包装、添付文書に付与し、CEマークキング表示のある製品は、EU域内の自由な販売・流通が保証されます。
CEマーキングの概要:欧州 – 日本からの輸出に関する相手国の制度など – 貿易・投資相談Q&A – 欧州 – ジェトロ

一種の安全基準であり、このマークがないとEU域内で流通させることができないそうです。
販売延期もしかたありませんね。

Raspberry Piで動くLinuxはカナダ発のFedora

Raspberry Pi版Fedoraを開発したのはカナダの大学 – カナダの州政府が発表 | エンタープライズ | マイナビニュース

発売されるまでは、どのように活用するかを考えながら楽しみに待つしかありませんね!!

今日のでんとタッチ

日本の教育分野でもぜひ広がって欲しいですね!

以上@jikugaでした。