フリーの波形編集ソフトaudacityで簡単ノイズキャンセル

フリーの波形編集ソフトaudacityで簡単ノイズキャンセルでんとタッチ英語のリスニング試験を作成したものの、録音機材の調整不足でノイズが入っていて困っている。。

と相談を受けました。
機械の操作が苦手な人でも編集処理ができるように調べてみました。

無料・日本語版・管理者権限不要のオーディオ波形編集ソフトはAudacity

色々と探してみたものの、ノイズキャンセルを主な機能とするソフトの多くは有償でした。
学校や企業など組織で管理されているPCの場合、ソフトのインストールに管理者権限を必要とすることが多いため、ちょっとした「編集」には導入への敷居が高いです。

そのような中、オープンソースソフトのAudacityは、波形編集はもちろんノイズ除去やフィルター処理などができ、日本語バージョンが存在するソフトです。

オープンソースばんざい!!

Audacity: フリーのオーディオエディタ・レコーダー

ノイズ除去までわずか4ステップ!Audacity

編集したいオーディオファイルを読み込みます。
全般的にノイズが乗っていることがわかります。

Audacity%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

ノイズ除去の基準となる「ノイズのみの部分」を数秒間選択します。


Audacity%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

メニューの「エフェクト」から「ノイズの除去」を選択。


Audacity%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

ノイズのみの部分を選択した状態で、ステップ1の「ノイズプロファイルの取得」をクリック。
ボタンをクリックすると元の画面に戻ります。

この画面では「ノイズを除去する範囲を選択」します。
読み込んだファイル全部を範囲にする場合は、範囲選択を解除しておきます。

再度「ノイズの除去」を選択し、ステップ2に進みます。
先ほど押下できなかった「プレビュー」「OK」ボタンが使用できるようになります。

プレビューでノイズ除去具合を確認できます。


Audacity%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

全般的に入っているノイズ部分がきれいに除去できました。


Audacity%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

リスニング用途で編集するにはノイズ除去・正規化が必須

今回は英語のテスト用途での編集のため、ノイズ除去と共に正規化(ノーマライズ)処理を行うことで、音声ボリュームを一定に整えノイズのないクリアな音声に仕上げました。

テストに限らず、ICレコーダー等で録音した音声などは、ノイズ除去・ノーマライズ処理をすることでとても聞きやすくなります。

SOUND FORGE AUDIO STUDIO 10
フックアップ (2010-06-25)
売り上げランキング: 2,542
誰でもできる音声ノイズ除去
アイアールティー (2012-07-06)
売り上げランキング: 3,988

今日のでんとタッチ

ICT支援員には必須ノウハウだと思います。

以上@jikugaでした!!