LionでNetBeansを使ってみる。環境構築編

LionでNetBeansを使ってみる。環境構築編でんとタッチこれまでプログラミング環境にはAptanaStudio改めTitaniumStudioを使用していました。

この頃はSnowLeopard上で動かしていたのですが、Lionにバージョンを上げる際クリーンインストールを行ったのでTitaniumStudioの環境ともサヨナラしてしまいました。

こんにちは!NetBeans!

この記事を読んでからNetBeansが気になってしかたありませんでした。

HTML/CSS/PHP等のコーディングに、無料のNetBeansが快適過ぎる件 | Stocker.jp / diary

プログラミングといっても、簡単に環境を捨てる程度のプログラミングレベルですし、プログラミングに限らず特定の環境に依存せず同じようなことができるように勉強する意味もこめてNetBeans環境を構築することにしました。

NetBeans環境構築に必要なもの

JAVAのダウンロード

Java for Mac OS X 10.7 アップデート 1

とりあえずはこのJAVAが入っていればインストールができます。
LibreOfficeを使おうとすると、いつもJAVAが無い!って怒られます。やっぱり必需品。

NetBeansのダウンロード

プログラミング言語によってダウンロードするタイプが異なるようです。
機能追加は後でできるようなので、「Java SE」を選択しました。

NetBeans IDE ダウンロード

インストール

Java SE版を選択したからか、Junitを導入しますなどと聞かれるので素直に従いました。

NetBeansインストール001
NetBeansインストール001 Photo by gakuji

予想通りあっさり終わりました。
ただ、プログラミング環境を整えるのはここからが本番だったりするんですよね。。。。つづく

今日のでんとタッチ

ソフトもハードも最初の環境構築が一番楽しい!

以上、@jikugaでした!